本文へスキップ

 下野市の犬と猫の専門クリニック。やまざき犬猫病院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0285-53-2943

iPhone.090-2255-1770

オニくんのページToday's Oni-kun

東日本大震災の被災犬 『オニくん』のページです。

オニ君 旅立ちました。 2016/12/30

オニ君が天国に旅立ちました。眠るように、本当に今まで息をしていたのにと言うほど、静かに息を引き取りました。
亡骸は、いつもお願いしているペット霊園まで連れて行って、火葬していただき当院の仲間がみんな入っているお墓に埋葬、供養していただきました。生前は、ひとりで寂しい時間も有ったかと思いますが、これからは仲間達と一緒です。先に入っているチャーミー:カンタ:スミレ:はなちゃんも一緒です。

なお、ペット霊園は こちら にご紹介致します。

オニ君衰弱が進んでいます。2016/12/26

秋頃から食欲不振が続き、血液検査で腎臓と肝臓の数値が異常に上がっていました。加えて、かねてからあった心臓弁膜病の進行も有り、食欲不振で内服が難しい場面も多く衰弱が進行してきています。砂利の上では立っていられますが、タイルの上では、踏ん張りがきかず立ち上がることができません。点滴と流動食で持ちこたえていますが、多臓器不全の様相が強く出ており、懸命な看護を続けています。

最近のオニ君

今年になってから視力が無くなってきたようで、とうとう全く見えなくなってしまいました。犬舎とパドックの行き来は慣れているのであまり不自由は無いようですが、お散歩に行けなくなりました。裏庭に出してあげると用足しをしてくれるので、終わると犬舎に収納してあげます。快食快便は相変わらずで、触られるのを嫌がるのも変わりません。

ハロウィンのオニ君

ハロウィンの日がやってくるので、世間はコスプレの話題で騒がしくなっています。
そこでと言うわけではありませんが、当院のスーパー部長でご意見番にご登場いただきました。
あまり乗り気ではないようですが、ジャケットだけは着てくれました。

栃木県に来て1年になりました。

9月を迎え、オニ君が当院に来て1周年です。すっかり馴染んできましたが、最近食欲がむらな事が多く、お散歩は元気に行きますが、途中咳き込んだりして何となく体調が良くなさそうでした。検査で【 僧帽弁閉鎖不全症 】の初期症状と診断しました。老化現象の兆候とも言える進行性の疾患で血圧を調節する内服を始めました。白内障と難聴が目立ってきましたので、予想以上に年齢が行っている可能性もあります。最近は、お散歩で用足しをすると決めてしまったようで、ご飯よりもお散歩が優先です。餌が目の前にあっても騒ぐので、お散歩に行ってからのお食事というコースがお気に入りになってしまいました。



  お散歩で用足し中(大)


 お散歩で用足し中(小)


 お散歩から帰ってお食事

最近のオニ君・・5/9

今までお散歩も一人で行っていたオニ君ですが、今日は隣にハナちゃんが来てもなぜかご機嫌顔で並んでいるので、すかさずツーショットでパチリ!すっかり顔なじみにはなったようですね。このままお散歩に行ける日が早く来ると良いのですが・・・

お花見・・4/3

桜が一斉に咲きました。裏の愛宕神社で参道の桜をバックに副院長とツーショットでご機嫌の表情ですね!
もう一枚は、病院前でこちらも一斉に満開になった寄せ植えをバックにすまし顔で決まっていますね!
オニ君は、副院長とお散歩がとても楽しいようです。

毛が浮いてきました・・3/19

春めいてきた季節、換毛の時期になりました。大騒ぎになりましたが、冬毛のお手入れをしてもらい、すっかり男前が上がりました。しかし、ブラッシングはする方もされる方も終わってみたらすっかりお疲れモードでした。



ビフォー


アフター

爪が伸びました・・3/8

湿疹ができて掻きむしらないように爪を切りました。今まで長いお散歩はしていませんでしたので、爪が伸びてしまいました。これで足下もすっきりしました。



ビフォー:左前


ビフォー:右前


アフター:左前


アフター :右前

左の頬に湿疹が出来ました・・3/8

左の頬に急性湿性皮膚炎が出来ました。痒みのせいで自虐性に掻き壊してしまうので、あっと言う間に悪化するやっかいな皮膚炎です。まだ気温が上がっていないので換毛の季節ではないのですが、室温が一定しているので毛根がムズムズし始めはのかもしれません。掻き壊しが始まる前に治療開始しました。
約1週間ほどで皮膚が乾燥して痒みも治まり、治療終了しました。それから3週間後の画像ですが、発毛が進み殆ど皮膚が隠れるまで回復しました。

ハッピー オニーイヤー!・・1/5

お正月を迎えたオニくん。
相変わらず、威勢が良くて張り切って毎日を過ごしています。
新年を迎え、気分新たにフカフカのニューマットを敷いてもらいご機嫌のようです。

オニークリスマス・・12/24

栃木県で始めてクリスマスを迎えるオニくんです。
サンタさんに変身して、さっそうと写ってくれました。
最近は、雨の日と寒い日は外へ出るのをイヤイヤする事があります。

犬舎のオニくん・・10/23

オニくんが当院にやって来てから、ちょうどひと月が経ちました。すっかり慣れて居場所が決まった感じです。犬舎のマットが大のお気に入りなようで、用足しが終わると一目散に犬舎を目指します。中に居る時間が長くなってもいっこうに騒がないのですが、犬舎の前で騒がしくすると駄目出しの『オニの一喝』が始まります。小用が近いので何回か連れ出してやらないと中でしてしまうようです。少し気を遣う場面もあります。

院長とツーショット・・10/11

今日は、朝から快晴で絶好のスナップ撮影日和だと、病院の前で撮影会を決行しました。始めは興奮してじっとして居られない状態でしたが、少し落ち着いたところで『撫で撫で沈静攻撃』しながら何枚か撮影できました。オニくんは、最近院長の足の間に頭を突っ込んで、『撫でて!撫でて!』攻撃が得意技になっていたので、触られることには抵抗無くなってきたようです。犬舎の中にいるときは、前を通る犬猫には相手かまわず“オニ”のように吠えつきます。目の前は縄張りとしての意識が強くなってきたのだと思います。犬舎が好きで出入りの時の苦労がないので助かります。

ツーショット・・9/27

こちらでは、いろいろなお友達がご挨拶に、何のためらいもなく近寄って来ます。今日は犬好きのミーちゃんがいきなりスリスリしに来ました。ミーちゃんも雰囲気の違う相手なので何となくよそよそしい顔つきですが、オニくんの方は接触を嫌っています。院長にはオニくんの方から”ペロペロ”のご挨拶ですり寄ってくるようになりました。頭や背中を撫で撫でしている間に、鎖を長いものと交換しました。
㊟:ミーちゃんは3兄弟で、保護した子猫の時に既に右目が結膜炎の悪化で癒着していたのでこの名前がつけられました。あと左目が癒着していたヒーちゃんと片目が潰れてしまったツブリンちゃんがいます。

今日のオニくん・・9/25

     
朝一番の寝起きでパチリ。
カメラに寄ってきて、手をペロっと舐めてくれました。距離が近くなってくるのが実感できます。刺激しないようにしているせいもあり、まだ人に向かって吠えつくことはありません。
シェルターでの我がもの顔のキャラは何処へ行ったのか、妙に紳士的な一面があるのだとこれまた発見です!昨日、フレンドリーな”はっちゃん“に顔を舐められて『ガゥー』と拒否の態度を1回しました。
鎖が短いので時々窮屈そうにしています。取り替えるタイミングを待っていますが、余り手荒にはしたくないので、頭でも撫でさせるようになるまで待とうかと思います。

『オニくん』がやって来た!・・2014/9/23

福島県獣医師会の立ち上げた三春シェルターで、2年以上の間保護されていた東日本大震災の被災犬です。
2014/9/23ビッグサイズのキャリーと共に当院にやって来ました。三春シェルターを出発時には、興奮気味で長年面倒を見てくれた獣医師の先生にも吠えつく勢いでしたが、初めての長旅で緊張のせいもあり、到着時には大変静でした。晩ご飯の時間には、フードも完食してマットの上でくつろいでくれました。シェルターのような広々とした設備はありませんが、こちらでのんびりと過ごせるようになるといいですね。
シェルターの皆さんが心配しているので、『オニくん』コーナーを作って近況報告も兼ねてホームページに元気な姿など載せようと思います。

TOP


Companion Animal Hospital
やまざき犬猫病院

〒329-0511
栃木県下野市石橋124-8
TEL 0285-53-2943
FAX 0285-52-0646
email info@wan1wan.biz